読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あるもので暮らす

買わない、捨てない暮らし。持っているものでなんとかする工夫を。

秋冬の暗色ニットを春に着る

f:id:happymedium:20170402213150j:plain春ですね。
一年の中で一番苦手な季節です。

真夏でも貼るカイロとカーディガン、ひざ掛けが手放せないほどの寒がりな私。
春と言えども春らしい気温になるのって、毎年、ゴールデンウィークあたりからだと思うのですが…。

世の中はダウンコートやローゲージニット、ウール、カシミアの排除から始まり、暖房がなくなるどころか、早いところでは冷房までつけだす始末。
いや、寒いって…。

お洋服屋さんの店先にはパステルカラーの寒々しいお洋服が並び、黒なんか着てる場合じゃないよ、春だよ、と無言の圧力をかけてきます。

そんな春の圧力に負けず、秋冬に着ていた暗色ニットを着る方法。

まず、使用するのはハイゲージニット。ローゲージのウールはさすがに四月に入ると着ません。
素材はもちろんウール混。
(コットンはまだ寒い。)
色は私が持っているのはブラウンです。
秋冬の服なのでね。基本、暗色ですね。

一枚で着るのは寒い&色が重いので重ね着します。
今回は、ライトグレーのパーカーを合わせてみました。
これがジャケットでも良いかと思われます。
ポイントは見えている色の面積の多いものを明るい色にすること!

これだけで、秋冬に着ていた暗色ニットも春仕様に様変わり(キラキラ)!

という作戦で、明るい色の春用ニットを買わずに過ごそうと思ってます。

パステルカラーなんか着てられん。顔色悪く見えるやん。
と、毎年、春色を敵視している私の春の一工夫でした。