読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

適量で暮らす

自分にとっての適量を考えるブログです。

骨格診断

ファッションブロガーやミニマリスト系ブログを見ていると、割とよくでてくるものに、骨格診断があります。

人の骨格を3種類に分けて、似合う形や素材、着方を分類しているものです。

この骨格診断を知ってから、買い物の失敗が少なくなりました。

自己診断ですが、私はウェーブだと思います。

ウェーブが似合うとされる化繊のペラペラしたお洋服や裾の広がったスカート、フリルのついたトップス等はあまり好きではありません。

骨格と自分の好みを寄せるために、購入の際は以下のことのみ、気をつけています。

○重心は常に上!ポイントがないときは、大きめのネックレスやスカーフでポイントを作る

○ヒップハングのものは似合わない。というか、サイズが合わないので買わない。

○靴はシンプルに。靴にポイントを持ってこない。存在感のないものを。

○ウエスト位置は高く。ハイウエスト万歳。

○ハリがありすぎるものや固そうなもの、厚そうなものなどは、素材に身体が負けるので、着ない。

○上半身は盛る。貧相に見えるので、胸元を開けない。

ボーイフレンドジーンズや綿のパンツを履くと、もっさりするのはなんでだろう?と不思議だったのですが、骨格の違いだったんですね。

特に日本人は他国の人と比べて華奢なので、しっかりした素材の服は身体が負けそうです。

骨格診断を知ることで、似合わない服は、何故似合わないのか?の理由を考えられるようになりました。

購入する際も、この服は重心が下がるからやめよう、とか、これは絶対似合う!とか。

似合う服を着るための診断ではなく、自分を客観視する引き出しを知るための診断だと思ってます。

あくまでも、自分の好き!を第一に。気分の上がる服を着たいと思います。

広告を非表示にする