読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

適量で暮らす

自分にとっての適量を考えるブログです。

冬のパンツ

パンツは、基本的に、シーズン毎に3着を着回しています。4着以上になると、途端に着回しにくくなるので、シーズンオフのものは別の場所に保管しています。

今年の冬は下の3着を着回しました。


①フレイアイディーのネイビーのワイドパンツ

②ドリーシーンのグレーのワイドパンツ

③アンナケリーのブラックのテーパードパンツ

平日はこの3着を繰り返し着てます。

土日はスカートも履きますが、寒い日はパンツです。

冬のパンツ選びの第一条件は、

裏起毛レギンスが下に履けること!

これに尽きます。

冬はトップスで色を足すので、パンツはベーシックカラーばかりです。

①昨年秋に新古品を購入しました。どのトップスにも合わせやすく、暖かいので、週3回くらい着ています。着過ぎてすでに毛玉だらけです。とってもお気に入りですが、今季までですね。

②これも昨年秋に新古品を購入。中途半端な丈なので、コーディネートのバランスをとるのがちょっと難しいです。ウール素材だし、靴はブーツなので、寒くはありません。

乾燥肌で、ウールのパンツは裏地付きでも履けないものが多いのですが、これは大丈夫でした。

③これも昨年秋に中古で購入。

腰が張っているので、細身のパンツはテーパードかスキニーくらいしか、サイズが合いません。

手持ちの服との相性がいまいちで、着るトップスを選びます。

素材がポリエステルなので、寒い日は着ません。

平日の仕事はパンツ必須なのですが、骨格的に似合う形のパンツが少なく、しかも冬は暖かさを求めるため、毎年、パンツ難民になってます。

昨年は激やせし、手持ちのパンツのサイズがことごとく合わなくなったので、全て買い替えました。

3月くらいまではまだ寒いので、この3着で乗り切ろうと思います。

広告を非表示にする