読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

適量で暮らす

自分にとっての適量を考えるブログです。

冬のコート事情

冬のコートはまだ絞りきれておらず、愛用品と呼べるものがありません。

現在、4着を用途と気候に応じて使い分けています。

ユニクロイネスコラボのカーキのチェスターコート

ユニクロイネスコラボのブラウンのダウンコート

③スーヒライのネイビーのウールコート

④カーキのウールハーフコート

①は一昨年のセールで購入。細身のチェスターコートで形が綺麗なのですが、細身のコートの流行が終わりつつあるので、もうすぐ手放すと思います。カッチリしたコーディネートと相性が良いです。

真冬は寒いので着ません。

②膝丈のダウンコート。モコモコしたものは似合わないのですが、これはモコモコが内側にあり、外側はスッキリとした形です。寒い日はだいたいこれを着ます。色味がいまいち気に入ってません。実用重視。

③唯一のお高いコート。デザインはかわいく、暖かいのですが、素材の特性上、毛玉がものすごくよく出来ます。毛足が長く、立春過ぎたら着られません。

これはおしゃれしたいなー、という時に着ます。でも着たらつい、毛玉をむしってしまいます…。

④昨年、新古品を90%OFFで購入。七分袖で、ドルマンスリーブ。ノーカラーで、着るとチャイナ風?不思議な形をしています。今年はワイドパンツばかり履いているので、ハーフ丈が合わせやすく、重宝しています。ドルマンスリーブのニットにも合わせやすいです。丈が短いデザインで、お尻が寒いのが難点。

コートってクリーニング代もかかるしかさばるので、出来れば数を減らしたいのですが、なかなか…。

どのコートも一長一短といった感じで、これさえあれば!というものがありません。

ウールコートとダウンコートの2着が理想です。

広告を非表示にする