読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

適量で暮らす

自分にとっての適量を考えるブログです。

靴下の重ね履きを辞めた理由

冷えとり靴下が流行り始めた頃、私もがっつり流行りに乗ってました。

毎日、5枚の靴下を重ね履き。靴は大きめのブーツ。夏でも綿のレギンス。パンツもぶかぶかの大きめサイズ。

1年半ほどは続けたと思います。
でも、メリットよりデメリットの方が多かったので、辞めました。
私が感じたデメリットは以下の4つです。

外反母趾、巻き爪がひどくなった
②洗濯や着替えが大変
③靴下の締めつけで足がむくむ
④冷えとりファッションが似合わない

①最大の理由はこれです。大きいサイズの靴を履いていたので、外反母趾が悪化しました。
それだけなら家の中だけでも重ね履きすれば良かったのですが、5枚も重ねていると足指を使って歩いている感覚がない。
結果、浮き指になっていたようで、巻き爪も悪化してました。

②1日左右合わせて10枚使うので、3日で30枚…。洗濯も干すのも畳むのも大変でした。
朝晩やヨガの時の着替えも一苦労。

③専用靴下は白が多く、一番上に普通の靴下を重ねていました。これの締めつけが強くて。
口ゴムがゆるいものは、おばちゃん用とかしかなかったんですよね。
今はまた違うかもしれませんが。

④冷えとりファッションといえば、ぶかぶかのパンツや身体を締めつけない服、上は薄く、下重心。
こういうファッションが似合う方もいますが、私がすると不評でした。
あんまりダサいと、仕事に支障が出るので、辞めました。

あくまで私見ですが、靴下を重ねるより内蔵を温めた方が良い気がします。
現在は、寒い時はお腹周りをあたためる、動く、あたたかいものを飲む、食べるなどして乗り切ってます。

秋冬春の靴下

昨年より、靴下の数を5足に決めました。

足首より少し上まで丈のあるものを履いて、足首が出ないようにしています。

以前は冬はこれにレッグウォーマーを重ねていましたが、裏起毛レギンスを履くようになって必要なくなりました。

5足だとヘビロテするためか、消耗が激しいです。

今冬だけで黒6足、柄2足、グレー1足、ベージュ1足を履き潰しました。

何年も履いていたものばかりなので、ちゃんと消耗した、といった感じでしょうか。

今は黒1・赤1・ベージュ1・ブラウン1・柄1の5足です。

ベージュやブラウンの靴下は以前から持っていて、使い方がよくわからず、あまり履いていなかったのですが、5足に絞ってようやく使い方がわかってきました。

ファッションブロガーの方が、足首の抜け感を出すために白の靴下を履いていて、そういう使い方ができるんだ!と。

足首に抜け感がほしい時は、ベージュの靴下を使ってます。

赤とブラウン、柄の靴下は差し色的に。

黒は洋服で色を使っている時に、と使い分けています。

とりあえず今年はストックを減らすために、この割合でまわしてますが、上の5足を消耗したら、黒3・赤1・柄1の割合で固定しようと思います。

赤の靴下はモノトーンコーデのポイントになるので、結構使えます。


夏以外は同じ靴下を履きます。

広告を非表示にする

ヨガの適量

ヨガを始めて4年半ほどになります。
一時期は毎日のようにスタジオに通ってましたが、現在は週3回、週末のみスタジオに通って行っています。

週2日は夜に家事や買い物をする時間が欲しいので、それ以外の日の仕事のない時間、と考えると、この3日になりました。

きちんと3日通える週は良いのですが、仕事や予定が入り、3日通えない時は、やはり身体の調子があまり良くありません。
肩こり、腰痛対策に始めたヨガですが、最低週3日はやらないと、たちまちバキバキになってしまいます。

普段、体操の指導をしているのですが、軽い体操なので、それだけでは物足りない。

最低でも週3日通いをキープ出来るよう、家事や買い物のやり方を変えて、予備日を作ろうかと思ってます。

仕事や家事に追われない生活の仕組み作りは、まだまだ考える余地がありそうです。

広告を非表示にする

骨格診断

ファッションブロガーやミニマリスト系ブログを見ていると、割とよくでてくるものに、骨格診断があります。

人の骨格を3種類に分けて、似合う形や素材、着方を分類しているものです。

この骨格診断を知ってから、買い物の失敗が少なくなりました。

自己診断ですが、私はウェーブだと思います。

ウェーブが似合うとされる化繊のペラペラしたお洋服や裾の広がったスカート、フリルのついたトップス等はあまり好きではありません。

骨格と自分の好みを寄せるために、購入の際は以下のことのみ、気をつけています。

○重心は常に上!ポイントがないときは、大きめのネックレスやスカーフでポイントを作る

○ヒップハングのものは似合わない。というか、サイズが合わないので買わない。

○靴はシンプルに。靴にポイントを持ってこない。存在感のないものを。

○ウエスト位置は高く。ハイウエスト万歳。

○ハリがありすぎるものや固そうなもの、厚そうなものなどは、素材に身体が負けるので、着ない。

○上半身は盛る。貧相に見えるので、胸元を開けない。

ボーイフレンドジーンズや綿のパンツを履くと、もっさりするのはなんでだろう?と不思議だったのですが、骨格の違いだったんですね。

特に日本人は他国の人と比べて華奢なので、しっかりした素材の服は身体が負けそうです。

骨格診断を知ることで、似合わない服は、何故似合わないのか?の理由を考えられるようになりました。

購入する際も、この服は重心が下がるからやめよう、とか、これは絶対似合う!とか。

似合う服を着るための診断ではなく、自分を客観視する引き出しを知るための診断だと思ってます。

あくまでも、自分の好き!を第一に。気分の上がる服を着たいと思います。

広告を非表示にする

初春のニット

立春が過ぎると、光の加減が変わってくるため、冬服がちょっと重く感じてきます。

そこで、小さな衣替えをしました。

といっても替えたのはニットだけ。


①サカイのアイボリー変形半袖ニット

②トリココムデギャルソンのアイボリーニットカーディガン

③サカイのシャンパンベージュ半袖ニット

ツモリチサトのブラック半袖ニット

⑤無印のホワイト模様編みニット

ユニクロのブラックタートルニット

ユニクロのホワイトタートルニット

⑧ザラのベージュニット


⑤以外は全て入れ替えました。

真冬より数が大分増えてますが、その分タートルTシャツの数をクローゼットから減らしました。

というのも、半袖ニットを着たかったのですが、インナーがTシャツだとまだ寒かったのです。そこで、処分予定だったユニクロのタートルニットを引っ張り出して、インナーにしてます。


①またしても一目惚れ系です。タートルネックで半袖、ポンチョみたいな形で、左右の袖の形が違います。とても暖かいのですが、半袖で腕が寒いため、真冬は着られません。

色も綺麗なアイボリーなので、これから活躍してもらいます。

インナーは⑧を合わせます。


②これはシンプルな形のカーディガンなのですが、右肩にカラフルなヨーヨーキルトをたくさん縫いつけ、リメイクしました。主役級カーディガンです。

今年は、⑦をインナーにして、一番上のボタンだけとめて着るとバランスが良い。


③これは去年の秋に買いました。着方がわからず、半袖なので時期を選ぶのもあって、しばらく保管していたのですが、タートルニットをインナーにすれば、今から着られる!とクローゼット入り。

背中にヒラヒラがついていて、可愛いです。これも主役級なので、他はシンプルに。インナーは⑦を合わせます。


④模様が凝っていて可愛いです。色はブラックですが、半袖で薄手のニットなので重すぎる感じはないです。

毎年、春先まで着ています。今の時期は⑥の上に重ねます。


⑤インナーはホワイトのタートルTシャツに固定しました。


半袖ニットを着るときは、腕に視線が行かないよう、基本、インナーは同系色にします。

もう少し暖かくなったら、またインナーをTシャツに戻すと思います。

広告を非表示にする

冬のニット

冬のニットは5着です。


①水色のモヘアニット

②暖色系のドルマンスリーブモヘアニット

ユニクロイネスコラボの紺のカシミアカーディガン

④スズキタカユキ赤ウールニット

無印良品の白ウールニット


①②母の手作りです。何年も前から実家に眠っていたのですが、今年ようやく流行の形になって着られるようになりました。モヘアでとにかく暖かいです。今冬はほぼこの2着を着てました。

③一昨年のセールで購入。シンプルな形でベーシックカラーなので、割と使いやすいです。

④スズキタカユキも大好きなブランドです。このニット、高かったのですが、ヘビロテし過ぎて1年目で毛玉だらけになってしまいました。

3年目に入りますが、毛玉取り機を活用しながらまだ着ます。赤の色が綺麗です。

⑤無印の模様編みニット。昨年購入しました。細身なので中にあまり着込めません。

たまにどうしても白が着たくなるので、その時に着ます。でも寒いです。


立春まではこの5着で着回しました。

今冬はあまり寒くなかったので、上の組み合わせで乗り切りましたが、毎年、寒い日はニットオンニットで過ごします。

ニットのストックはまだたくさんあるので、もう少し整理が必要です。

広告を非表示にする

冬のインナーTシャツ

ヒートテックの上にタートルネックの長袖Tシャツ、その上にニットを重ねる、という形を定番化して、今冬は過ごしました。

タートルネックの長袖Tシャツは4着。


①サンスペルのブラック

プチバトーのネイビー

ユニクロのホワイト

ユニクロダークグリーン

①②5年くらい前に購入して、毎年着てますが、どちらもかなり丈夫です。

③④これも3年くらい着ています。上2着に比べてよく伸びるので、着やすいし、動きやすいです。

4着とも大分長いこと着ているのですが、まだまだ着れそうです。

来冬は、裏起毛のタートルTシャツを導入し、ヒートテックを着る機会を減らそうか、と目論んでいます。

昨冬はインナーにシャツを着ていたこともあったのですが、現在の仕事が体操の指導をすることが多く、動きやすさを考えた結果、インナーはTシャツに固定することにしました。

首元が開いていると、ニットを重ねた時に痒くなるので、首元はタートル一択です。

サンスペルとかは高いだけあって着心地は良いのですが、インナーTシャツに関してはプチプラで十分!だと思います。

色味に関しては今の組み合わせがベストです。

ダークグリーンが思ったより良い仕事をしてくれます。

広告を非表示にする