読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

適量で暮らす

自分にとっての適量を考えるブログです。

機能性インナー

今や冬の定番となったヒートテック

私も冬は毎日着ています。

今年は、ユニクロヒートテック3着、イオンのピースフィット2着の、5着を着回しています。

色は白と黒が2着ずつ、グレーが1着です。

ヒートテックとピースフィットの違いは…

よくわかりません。

ピースフィットの方が若干厚手かな?

乾燥肌がひどくなってきた気がするので、来冬は綿素材のものにしてみようかと思ってます。

広告を非表示にする

冬のスカート

スカートは土日にしか履きません。

が、パンツよりスカートの方が好きなので、冬のスカートも3着です。


①サカイラックのチェックプリーツスカート

ボルドーフレアスカート

③ブラックのフレアスカート


①昨年秋に中古で購入。高かったのですが、一目惚れです。ウエストのサイズ合わないんですが、一目惚れなので無視です(笑)。

サカイのお洋服、デザインも素材も良く、大好きなのですが、ボトムスはだいたい大きいのが悩ましい限りです。

このスカート履いてると、よく褒められます。寒い日は着ません。

②一昨年、ネット通販にて購入。

一昨年秋から昨年春にかけて、茶道教室に通っていたので、お稽古用に購入しました。

昨年、今年とヘビロテして、毛玉だらけになってきたので、今季で手放します。

③母の若い頃のお下がりです。ベロア素材なのですが、ベロアって見た目ほど暖かくないんですよね。しかも素材的に春は着られない、と。

ベーシックカラーで形が綺麗なので、着回しはしやすいです。

今の時期は寒いので、どれもほとんど着ていません。

暖かくなったら、春用のスカートに切り替えようと思ってます。

スカートは基本、デザインものを選びます。

今回、黒のフレアスカートが案外使えたので、これからは1着はベーシックなものにしようかな、と考えてます。

広告を非表示にする

冬のパンツ

パンツは、基本的に、シーズン毎に3着を着回しています。4着以上になると、途端に着回しにくくなるので、シーズンオフのものは別の場所に保管しています。

今年の冬は下の3着を着回しました。


①フレイアイディーのネイビーのワイドパンツ

②ドリーシーンのグレーのワイドパンツ

③アンナケリーのブラックのテーパードパンツ

平日はこの3着を繰り返し着てます。

土日はスカートも履きますが、寒い日はパンツです。

冬のパンツ選びの第一条件は、

裏起毛レギンスが下に履けること!

これに尽きます。

冬はトップスで色を足すので、パンツはベーシックカラーばかりです。

①昨年秋に新古品を購入しました。どのトップスにも合わせやすく、暖かいので、週3回くらい着ています。着過ぎてすでに毛玉だらけです。とってもお気に入りですが、今季までですね。

②これも昨年秋に新古品を購入。中途半端な丈なので、コーディネートのバランスをとるのがちょっと難しいです。ウール素材だし、靴はブーツなので、寒くはありません。

乾燥肌で、ウールのパンツは裏地付きでも履けないものが多いのですが、これは大丈夫でした。

③これも昨年秋に中古で購入。

腰が張っているので、細身のパンツはテーパードかスキニーくらいしか、サイズが合いません。

手持ちの服との相性がいまいちで、着るトップスを選びます。

素材がポリエステルなので、寒い日は着ません。

平日の仕事はパンツ必須なのですが、骨格的に似合う形のパンツが少なく、しかも冬は暖かさを求めるため、毎年、パンツ難民になってます。

昨年は激やせし、手持ちのパンツのサイズがことごとく合わなくなったので、全て買い替えました。

3月くらいまではまだ寒いので、この3着で乗り切ろうと思います。

広告を非表示にする

裏起毛レギンス

冬の防寒対策。

帽子、ストール、手袋、コート、ブーツと挙げてきましたが、まだまだ欠かせないものがあります。


愛用品7:黒の裏起毛レギンス


一昨年、300円ショップで、その存在を知り、5着購入したのですが、すぐに毛玉だらけになり、ワンシーズン持ちませんでした。

しかし、履かないではいられないので、今年は500円のものを2着購入。

無印の綿のレギンスと合わせて3着を繰り返し着ています。

やはり毛玉は出来ますが、今回は3月までは持ちそうです。

ワンシーズン使い捨てですが、冬の必需品です。

広告を非表示にする

冬のコート事情

冬のコートはまだ絞りきれておらず、愛用品と呼べるものがありません。

現在、4着を用途と気候に応じて使い分けています。

ユニクロイネスコラボのカーキのチェスターコート

ユニクロイネスコラボのブラウンのダウンコート

③スーヒライのネイビーのウールコート

④カーキのウールハーフコート

①は一昨年のセールで購入。細身のチェスターコートで形が綺麗なのですが、細身のコートの流行が終わりつつあるので、もうすぐ手放すと思います。カッチリしたコーディネートと相性が良いです。

真冬は寒いので着ません。

②膝丈のダウンコート。モコモコしたものは似合わないのですが、これはモコモコが内側にあり、外側はスッキリとした形です。寒い日はだいたいこれを着ます。色味がいまいち気に入ってません。実用重視。

③唯一のお高いコート。デザインはかわいく、暖かいのですが、素材の特性上、毛玉がものすごくよく出来ます。毛足が長く、立春過ぎたら着られません。

これはおしゃれしたいなー、という時に着ます。でも着たらつい、毛玉をむしってしまいます…。

④昨年、新古品を90%OFFで購入。七分袖で、ドルマンスリーブ。ノーカラーで、着るとチャイナ風?不思議な形をしています。今年はワイドパンツばかり履いているので、ハーフ丈が合わせやすく、重宝しています。ドルマンスリーブのニットにも合わせやすいです。丈が短いデザインで、お尻が寒いのが難点。

コートってクリーニング代もかかるしかさばるので、出来れば数を減らしたいのですが、なかなか…。

どのコートも一長一短といった感じで、これさえあれば!というものがありません。

ウールコートとダウンコートの2着が理想です。

広告を非表示にする

冬のストール

普段使いの靴、バッグ、帽子、手袋は1つずつですが、ストールは2つあります。

愛用品5:ファリエロサルティのダークグレーの大判ストール

愛用品6:ディーゼルの柄ストール

メインに使うのはファリエロサルティの方です。

これを購入するまで、無印とかのストールしか使ったことがなかったのですが、良いストールは暖かいですね。

トールも色々持ってましたが、ファリエロサルティを購入してからは、ほぼこれしか使わなくなりました。

トール巻くの苦手だったんですが、このストールは肩にかけるだけ、一巻きするだけでもイイ感じになってくれます。

服のコーディネートがあまりにも地味な時は、ディーゼルの柄ストールを使います。

オレンジ地にインディゴのような濃いブルーの濃淡と白で、派手です。

色味が好きで、柄をよく見ずに買ったのですが、後で柄をよく見るとたくさんの人の絵が描いてあり、ちょっと怖い(笑)。

どちらも中古ですが、それなりのお値段しました。

でもストールに関しては、ペラペラのプチプラのものを何枚も持つより、ある程度良いものを持った方が、結果的にお得かなー?と思います。

巻いた感じがイイ感じになるのと、持ちが良い、暖かい等の理由からです。

春のストールをどうするか?はまだ考えていません。

去年はなんだかんだ、四月くらいまでファリエロサルティを使っていた気がします。

広告を非表示にする

冬の手袋

愛用品4:ベネトンの黒の手袋

手袋も黒です。

黒地に赤いパイピングがしてあり、気に入ってます。

ファッション本にはまっていた頃、「おしゃれするなら服より小物を多く持った方が良い」、という文章を真に受け、色合わせで何種類か小物セットを作ったことがあります。

靴とバッグ、ストールと手袋の色とテイストを合わせる、とかそういうやつです。

黒とネイビー、茶色、あと赤とか白のセットも作ってました。

結論:小物は服よりかさばる

1日の生活の中で、小物を身につけない時間の方が長いこともあり、小物がなければただの地味な人です。

ということで、小物で差し色とか考えるのはやめました。

手袋も色々持ってましたが、昨年よりこれ一つです。

いつでも使えるよう、通勤バッグの中に入れっぱなしにしています。

通勤時は寒いので、大体毎日使ってます。

色合わせ等考える必要がないので、とても楽です。

広告を非表示にする